THE STANDARD

COLUMN

各社員が得意分野を活かした記事を掲載しております。

MENU  
2020.03.04 EVENT

D2Cブランド様必見 ポップアップストア/バーチャルポップアップストア出店相談会

リアルスペース(実店舗)とECによるオフラインとオンラインの統合実験の場として、DX(デジタルトランスフォーメーション)、新しいリテール展開を実験的に出店したいと思っているが、どんな内容にすれば、ブランドの成長チャンスに対応できるのか、そんな疑問に目的別にお答えします。

昨今、マーケティング施策の一つとして確立したポップアップストア・バーチャルポップアップストア、フラッグシップストア。メディアPR、D2C、DX、ブランディングや新規顧客開拓、販売促進、会員獲得、ファン育成を目的とし、海外・国内問わず数多くの事例も急増。SNSとの相性も良く、現在最も注目されているマーケティング施策の一つです。

そんな中、現在、新型コロナウイルス影響で、リアル店舗の価値が変わろうとしております。

今後、新型コロナウイルスが仮にピークアウトしたとしても、以前と全く同じ状況に戻るとは 言い切れません。「ニューノーマル(新常態)」と呼ばれるように、社会やライフスタイルの構造的な変化が避けられない状態になることが予想されます。あらゆる商品・サービスの販路や提供方法がデジタルシフトしていくなか、求められるリアル店舗は、カタチを変えながら進化していくことが予想されます。

 弊社実績:株式会社newn「error404 POP UP @ラフォーレ原宿

ブランドの成長チャンスへの最適な対応策について

自社ECへの誘引や会員獲得など商材や目的によって出店形式・内容が多岐に渡るため、予算感・会場のエリアや広さ・実現可能な施策の範囲などは全てケースバイケース。最適な企画・提案を行うためには、様々な過去事例やこの時期ならでは施設側の意向などもインプットする必要がありますが それらを一つ一つ調べてまとめるには膨大な時間がかかります。

そんな中、ブランドの普通のアプローチでは、解決できないことが多いことも現状です。

そこで、ポップアップストア専門プロデュース会社である弊社代表の吉田が、御社のご関心のあるマーケティング&広報担当、プランナー様に対して、企画・提案に必要なノウハウをまとめた個別相談会を行います。

ポップアップストア/バーチャルポップアップストア出店相談会 カリキュラム

「ブランドの見え方的にどの市場規模を目指すか??ターゲティングとどの市場を目指すかを議論したい」

「ECメインなので、リアル店舗では販売しない形式が良いのですが、どこの場所やスペースなら実施可能か?」

「実施したいリアル展開がファンにとってプレミアム性の高い機会になるように設計したい」

「実店舗とECによるオフラインとオンラインの統合実験の場として、DX(デジタルトランスフォーメーション)、新しいリテールテクノロジーを活用して実験的に出店したい」

「ブランドが都市部ではニーズがあるかで試したい」

「都市部で何かやりたいのだが、自社の製品・サービスのプロモーションに最適な目的設定や手法が知りたい」

etc…

こんなお悩みをお持ちの方、まずはお気軽にご相談くださいませ。

こんな方にオススメ

ブランドの成長のチャンスを最大限に活かしたい
■ポップアップストア・バーチャルポップアップストア・フラッグシップストア(旗艦店)をご検討されている企業のマーケティング、宣伝、広報ご担当の方
■ポップアップストア・バーチャルポップアップストア・フラッグシップストア(旗艦店)をクライアントにご提案されたい広告会社、制作会社の方

開催概要

日時

2020年09月29日(火)11:00-15:00
2020年10月8日(木)11:00-16:00
2020年10月13日(火)11:00-16:00

※上記以外の日程についても、調整可能であれば対応致します。
申し込みフォーム備考欄からご相談ください。

※上記時間帯からお好きなお時間を申しつけください。約1~1.5時間程度を予定しております。

参加人数
1-6名程度

※参加人数が10名を超える際には弊社にて会場をご用意致しますので、別途ご相談ください。

参加費
無料
主催
株式会社THE・STANDARD
会場
応相談(貴社オフィス・弊社オフィス・周辺カフェスペース等・Web会議ツールによるオンライン勉強会対応)【リアル対面 or オンライン相談 どちらも可】

お申し込みはこちら

yoshida shuhei

代表取締役/プロデューサー

「ポップアップショップ」のコンセプト開発、コンテンツ・フード開発、空間/施工デザイン、PR・プロモーション、各種申請代行、運営まで全領域をワンストップで手掛ける。大手飲食品メーカーや官公庁、映画、レンタルストアのPR、エクスペリエンスイベント、キャンペーン企画などの数多くのコミュニケーションプランニングに従事。

SHARE: