COLUMN

各社員が得意分野を活かした記事を掲載しております。

MENU  
2017.10.01 CONTENTS

ポップアップショップは難しい?

manami

こんにちは。

今日から10月。本格的に秋シーズンに突入しましたね。

この秋も、
新しい化粧品のPRとして・映画公開を記念して・秋の新発売に合わせて・・と新作ポップアップショップがたくさんオープンしています。

 

それに合わせるように今月の「販促会議」の特集もなんと「ポップアップショップ」!

そして嬉しいことに弊社THE・STANDARDも取り上げていただきました♡
1ページまるまる2018年注目のポップアップスペースをご紹介しています。

ぜひ販促会議11月号をごらんください。

 

さて、そのページにもあるように、
ポップアップショップ出店にとって「スペース」というものは何よりも大事です。

それだけに「どこにしよう?」「そこでどんな企画をしよう?」と悩まれる担当者様も多いのはないでしょうか?

かくいう私も、とある企業の広報を務めていた時、
全く同じ壁にぶち当たったことがありました。

ECサイトを運営している企業なのですが、
ブラント認知拡大とお客様とのリアルな接点を求め、
ポップアップショップを期間限定で出店することになりました。

 

その企画立案までは良かったのですが、
初出店ということもあり、そこからの準備は想像以上に大変だったのです・・・!

 

少し考えてみただけでも、

どこに出すのか?期間はどれくらいか?
場所は空いてるのか?ディスプレイどうしよう?什器もいるよね?
社員で全日程回せるのか?SNS拡散施策どうする?

などと考えることがたくさん・・!

 

PRに精通しているメンバーがたくさんいても、
リアル店舗を回すノウハウを持っている人はほとんどいなかったのです。

 

困り果てた私が見つけたのが、

そう、「ポップアップショップ専門プロデュース」の会社だったのです。

まず第一ステップとして、ターゲットや目的を再び一緒に整理するところから始まりました。
(社内で真剣に討議すればするほど、主旨から外れていくこと、たまにありません?)

次は、最適な街や場所をピックアップ。
どの街にするか、百貨店とイベントスペースだったらどっちが合うのかなどを考慮し場所を選定。
空き状況なども調べてくれます。

それが決まった後は、ディスプレイから集客施策まで、たくさんのアイディアを出してくれました。

そもそも、施設のリスティングや空き確認だけでも、
多忙なPR担当者が行うのは大変なもの。

それだけでなく、効果的な拡散の仕方や、どう人の足を止めるかまで、施策についても豊富な実例を持ってしてアドバイスをもらうことができました。

 

決して少なくない予算をかけポップアップショップを出店するからには、
成功させたいというのは当然のこと。
ポップアップショップは比較的新しいPR手法だからこそ、
ノウハウをきちんと持っているその道のプロに相談することで、
安心して出店することができます。

 

初出店でどう準備したらいいかわからない、
もしくは出店したけどあまり結果が芳しくないと悩んでいる方がいれば、ぜひ一度ご相談ください!

かつての私のように悩む担当者様が、一人でも減るようにお手伝いをできればと思います。

 

そしてその仕事に魅せられた私自身が、ポップアップショッププロデュースの仕事に関わることになった経緯はまた別の機会にて・・♡

 

THE・STANDARDが2018年注目する「ポップアップスペース」紹介はこちらからもご覧いただけます!

manami

この記事を書いた人

ブランディングプランナー