COLUMN

各社員が得意分野を活かした記事を掲載しております。

MENU  
2018.03.10 CONTENTS

記憶にのこるオリジナル!

okuda hikari

3月に入り、春が始まったかと思えば、雨と冬の寒さの天気もあったりと服装に困らされる天気が続いていますね。

そんな中、2月の寒さから逃げるようにして、

ニュージーランドに1か月語学留学に行ってまいりました。

本題に入る前に、少しニュージーランドで体験したアクティビティをご紹介しようと思います。

 

今回の最もEXCITINGだったアクティビティは「SKYDIVING」です!

今まで味わったことのない興奮とスリルに加え、ニュージーランドの広大な自然の景色に感動でした。

 

 

人生、最初で最後かと思っていましたがこれはハマりそうです!

 

次のアクティビティは「乗馬」。

これも同様に、広大な自然の中を馬にまたがり散歩します。

いつもとは違う高さからみる景色は最高でした。

馬に揺られながら、羊や牛の群れの中を進んでいくのは、まるで映画の世界に入り込んだかのようでした!!

 

 

そして、最後にご紹介するのは・・・・

ニュージーランドといえば!!

「ホビット村」です。

映画ホビットに登場する、あの村がそのままあります。

 

テーマパークに行ったような気分でした!

村は可愛く、期待を裏切らない広さ。

観光客は皆、沢山の写真を撮っていました!!(もちろん私もですが、、、)

まだまだ紹介したいところはありますが、

以上のような広大な自然があるニュージーランドならではの体験をしてきました。

日本ではここまでの大自然を身近に味わえないのが残念ですよね。。。

ですが、日本・東京でもそれを可能にしたのが今、流行りの「バーチャル3D ”VR ACTIVITY”」ですね!!

 

お待たせいたしました、ここからが今回の本題です。

今も昔もお花は女の子の心をつかむ変わらない素敵なものですよね?!

お花をプレゼントされれば特別な感じがあって嬉しいのはみなさん同じではないでしょうか?

でも、お花はいつか必ず枯れてなくなってしまう・・・・

そんな中、ドライフラワーはずっと残しておける!

さらに、あの絶妙な色合いやおしゃれさが最近、流行している理由ではないでしょうか?

 

 

(京都カフェ 「1er ETAGE」 )

(出展:https://www.creema.jp/item/4690389/detail 「植物標本」)

ドライフラワーの飾ってあるカフェやドライフラワーの装飾品など、ここ最近よく目にします。

私自身もドライフラワーが好きで、貰ったお花を自分でドライフラワーにして、

家に飾ってみたりもしてますが、、、

 

 

ですが、やはり売り物とは違うため綺麗な色をだしてドライフラワーにするのは難しい。

そんな中、ドライフラワー専門店が渋谷にあります!!

「edenworks」による「EW.pharmacy」です。

 

店内は薬局をイメージしているそうで、

内装から制服までグレーにすることでお花が映えるようにとこだわりがあるそうです。

 

5種類または10種類を選択し、スワッグと瓶と2種類のかたちで用意されています。

5種類の場合は10種、10種類の場合は20種から選び、

選ぶ人の好みやセンスで一つしかないオリジナルなものが作れます!

 

 

店員さんがお花の花言葉やどんな花なのか丁寧に説明してくれます。

プレゼントにも持ってこいですね!

 

渋谷ヒカリエではキャンペーンが行われていました。

5000円以上お買い上げの方、先着150名様に”EW.Pharmacy”のドライフラワーがプレゼントされていました。

(惜しくも先着順でその日は売り切れでした・・・)

 

~ EW.Pharmacy ~

営業日時:13:00~20:00 不定休

場所:東京都渋谷区富々谷1-14-11

自分で選べる楽しさ、1つしかないものを手に入れるのはワクワクしますよね!

このように行って買うだけでなく、遊び心があるとより充実感のあるショッピングになります。

ポップアップショップでも、自分でチョイスして作るものがありますが、

それもやはり同じように買うだけでない楽しさを体験でき、

よりその商品などを記憶に残せるメリットがあるように思います。

このようなポップアップショップをご一緒に提案していければと思います。

 

okuda hikari

この記事を書いた人