THE STANDARD

COLUMN

各社員が得意分野を活かした記事を掲載しております。

MENU  
2021.05.17 CONTENTS

【初心者向け】コロナ禍の飲食店でInstagramを運用する秘訣

こんにちは。THE・STANDARDの木村です。

今回からInstagram運用について複数回に渡り、コラムを書いていこうと思います。

2021年4月まで実際に飲食店の現場に入り、業務の合間にInstagramを運用し集客してきましたが、運用当初は何から始めていいか分からない初心者でしたので大変なことばかりでした。

そんな初心者の方が共感できる内容から、集客に結びついた気付きを今回はまとめさせて頂きます。

弊社が2018年から企画運営させていただいている
「FIGHTERS DINING ROSTER ~DELI & ROAST~」
http://t-standard.jp/works_post/fighters-dining-roster%E3%80%80deli-roast/

.Instagram運用における連携

FIGHTERS DINING ROSTERのInstagram

https://www.instagram.com/fighters_roster/

初心者という事もあり、発信する際は、遠隔にて「確認」をとってもらいました。LINEやGoogleスプレットシートで確認していただく場合もよくあります。

Google スプレットシート

「確認」からの発信という流れは、初心者の私にとっては安心する連携で、それを継続していると、徐々に発信後のフォロワーさんの反応に気付ける様にもなってきました。

ただ、気付ける様になってきた事で、「今、これを投稿したい」という事もわかる様になり、遠隔だけではなく、現場の裁量も少し加える事で目的である『集客』に繋がりやすくなったと思います。特にストーリーズに関しては、24時間で消えてしまうので、より「今」が必要不可欠になってきます。

期間限定の催事出店時、お客様からのメンションをすぐ投稿。集客に繋げる。
店舗で話した内容を載せて、メンションでお返事をする。

2.Instagramの発信のコツ

基本的には毎日発信するのが理想と言われています。

運用当初は1つの投稿を作成するのに約2時間もかかっていましたし、ストーリーでさえも15分以上かかる事も多々ありました。正直楽しいとは到底思えませんでしたね。(笑)

ですが、毎日発信する事で、フォロワーさんの反応に少しずつ気付く事ができ、反応が良いもの、良くないものがだんだんわかってきました。

私はこのフォロワーさんの反応に気付き始めたタイミングで、運用していて楽しいと感じ、それ以降はコメントやいいね、フォロワーも増える様になってきました。

3.フォロワーとの関係性

前述でフォロワーさんの反応に気づいた事で、色々好転し始めてきましたが、そのポイントとなったのがInstagram内の『コミュニケーション』でした。

コメントしたくなる様な投稿や、いいねしたくなる写真。「今」思った事をUPしてその瞬間を共有することなど、たくさんコミュニケーションをとっていました。

[投稿の文章]スタッフMに対するコメントが増え
店舗でも話しかけてくるお客様が増えた
店内展示物の撮影例や
直近の試合で活躍している選手

一度やり取りを開始すると、次も、また次も、継続的にコミュニケーションが投稿毎に発生していました。そして、Instagram内でコミュニケーションをとったフォロワーさんがその後来店し、店舗内でもInstagramの話題や、共通の話題に繋がる事も多々ありました。

そして、コロナ禍だからこそ、Instagram内のコミュニケーションはさらに活性化し、店舗より『接客』する時間が長いこともありました。

4.まとめ

Instagramを活用する上で必要なことは「コミュニケーション」であり、集客、売上を上げる為には、Instagram内で店舗と同じ様な『接客』を行う事ではないでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

Yoshihiro Kimura

SHARE: